「PCと音楽」カテゴリーアーカイブ

I See You While Playing The Piano / 丈青 (2014)

丈青のDSD128音源をOTOTOYにて購入した。DSD128、早い話が5.6MHz。僕が持っているDACの再生上限だ。SOILで大活躍している丈青のこと、音楽的に外れはないだろうと。ただし、心配していたのはその音源から繰り出される音世界。DSD128、全く持って未知の世界。いざ行かん。

初めはピアノとの邂逅を疑わしく弾くような、そして後半に向かうに従い、ようやく両者が慣れてきて音数が増えていくという、ある種現代音楽に近いピアノプレイ。デスジャズ畑の丈青からこんなピアノプレイが聴けるとは思ってもみなかった。前半は本当に、静謐に近いものが感じられたので。

それにしても、初DSD128音源よ。ピアノのタッチに恐れから自信に至るまでの感情が読み取れるほどの明快さ。くっきりと聞こえてくるベダリング。部屋全体を満たす音の流れ、渦。どれもがこれまで経験したことのない異次元の世界。あえて言うならば、かつて試聴したことのある高級オーディオの音が、このヘナチョコオーディオでも味わえると言った具合か。聴き終えた瞬間思わず「あー、オーディオだ」と呟いてしまったくらい。では、このサウンドを高級オーディオで聴いたとなると、どんな世界が現われるのだろうか。いわゆる「スピーカーが消え」て、ピアノがそこに一台存在する世界になるのだろうか。

とにかく、現時点で言えるのは手放しで素晴らしいと。音質も演奏も。DSD128の比較対象がまだまだ少ない今、手放しで素晴らしいと言えるのは幸せなことなのではないか。登場当時、高嶺の花だったCDプレイヤーを買えなかった時の気分、そのリベンジで僕は今DSDサウンドを聴いているのかもしれない。

これはある意味、非常にマズいものを聴いてしまった。これ以降、よほどの名演でもない限り、ピアノの音には満足出来なくなるぞ。オーディオと音楽とをざっくりと割り切らないと。