詠む音楽

Change

MONKEY MAJIK (2007)

僕は君のペルソナ
一つの顔を見せたその裏で描くのは君に合わせた仮面
機嫌一つ、僕の顔は消えてしまい君色に染まる
ワンディレクション ワンウェイ
戻ることの出来ない層の中でただひらすら斜面を下る雪崩を繰り返している
僕は何になろう、君のその顔加減一つの中で
何者でもある一つの器の中で行ったり来たりを繰り返す
リピート
Left or Right
僕の正義は君の悪意の前では霞んでしまい
君の正義は常に正しい -That's right.
どこまでも変わり続けるは僕のペルソナ
ただ一つ鏡のような君の表情の前で、怯えるのも喜ぶのも君次第
笑顔のランダム、怒号のシャッフル
逃げ場のない僕の仮面はただ君をひたすらにトレースする
微笑のウィスダム、無表情のサディズム
わからない
There's my answer. It's not my direction.
君は君、僕は僕、交差せず混じり合う二人の砦はどこに
東と西の邂逅、それだけが答え
君はどこからやって来た? 僕はどこへと逃げて行く
あてのない逃亡者、それでも一度刻まれた顔からは逃れられない
縁日のお面一つ手に入れて僕は匿名になるクリアネス
僕は君のペルソナ
いつまでもご機嫌伺いの丁稚奉公は続いて行く
一つの閉塞、開けるボタンを前にしたところでドアは閉まらない
逃げる逃げない逃げるなら
ただ一つ、こしらえた仮面の中で全ての僕の感情を押し殺して