詠む音楽

Music Eater

Saigenji (2006)

スニーカーの底がつたえる歩み、その全てが日にさらされていく密やかな欲。やがて日を退けて潜り込む。僕の素足は街の宙にしつらえた偽物の床に騙され、切り取られた数時間の波へ身を任せた。

はねて行く身体としがみつく時間。窓を開けることすらおっくうに、数十メートルあの靴底の下へと一気に流れ落ちる水にわずかな分泌物を薄めて流す。

切り取れど街、踏みしめど街。わずかな安らぎを求め逃れ込む宙、また街。