詠む音楽

Mirror

Mr.Children (1996)

たぶん愛のトークン
重ねて重ねて水をまいても
泉にもならず 花にもならず
注いでいる僕のその時間だけが ただ満たされる

身体と言葉へと挿しこまれていく たぶん愛のトークン
受けるだけの心地よさを カーテンでふさいだ部屋の中
何かに腰かける僕の中 すりぬけさせて
枝を伸ばしても葉でしかないから
手折る指は僕のものを貸し出して