詠む音楽

cult grass stars

thee michelle gun elephant (1996)

駅のホーム、自分の足につまずいて転ぶ。こらえきれずに笑う。
大声で嘲う。

今日が、思ったよりも早く騒音に埋もれようとしている。  
 

転んだ先の床。場違いに蟻が歩く。指を伸ばして潰す。
大声で嘲う。

瞬時たりとも消えることのない鋼の軋み、拡声器。  
 

買い物かご片手のおばちゃんが憐れむ。立ち上がって飛びかかる。
大声で嘲う。

俺を溺れさせる何かの恨み。  
 

人だかりが輪を重ねる。人が、人が、人が重なる。見回して笑う。
大声で嘲う。

ノイズの水面が、タイムリミットの権限で呼吸を奪う。  
 

一人目、殴る。二人目、殴る。三人目、殴る。四人目、殴る。
大声で嘲う。

足を掻いても、手を掻いても、浮かび上がらない身体。  
 

跳ねて飛ぶ体、場違いに蚤が飛ぶ。捕まえきれず宙を泳ぐ。
大声で嘲う。

笑みの死に顔で眠るか、苦悶の死に顔で眠るか、ラスト5分のサドンデス。  
 

転げ落ちた先の砂利。轍が頭を打ち、目の前に蟻が笑う。
大声で嘲う。

涙が落ちるのが先か、ミルククラウン。  
 

噛みついて笑う。目を潰して笑う。穴という穴、入り込んで共に笑う。
大声で嘲う。

車輪の下に沈むのが先か、飛沫く液体。  
 

転んだ先の夢、夢に踊らされて笑う。こらえきれずにまた笑う。
大声で嘲う。